忍者ブログ
北海道函館市を拠点に活動しているピアニスト高橋セリカの公式Webログです。 ここでは主に出演コンサート情報や普段の音楽活動などを徒然なるままに掲載しています。
 29 |  28 |  30 |  26 |  27 |  25 |  24 |
2018.2.10 函館市芸術ホールにて
スプリングコンサート2018 ~豊かな音色に包まれるひととき~ が行われましたemoji

このコンサートは、函館市にゆかりのある出演者によるコンサートで、
今年はハーモニカの石崎岩雄氏と私(と共演者)による前・後半の2ステージで行われましたemoji

今回プログラムを考えるにあたり、私の大好きなロシアの作曲家の作品で(トリオを中心に)
構成してみましたemojiemoji

プログラム曲
 ・憧れを知る者のみが 作品6-6
 ・私は野の草ではなかったか 作品47-7
 ・クラリネット・ヴァイオリン・ピアノのための三重奏曲 ハ短調 
 ・狂おしい夜々 作品60-6
 ・たなびき流れる雲はまばらになり 作品42-3
 ・ピアノ三重奏曲 第1番 ト短調「悲しみの三重奏曲」

トリオ曲をメインにと思いましたが、やはりロシア歌曲は外せないところでしたので、
増田朗子さん(ソプラノ)に4曲歌っていただきました。
やはりロシア語の響きは居心地が良いですねemojiその響きにぴったりのチャイコフスキーの音楽とリムスキー・コルサコフの音楽が加わるとますます魅力的ですemoji(私だけでしょうか(笑)!!)
久しぶりに(笑)辞書を片手に隅々までロシア語を復習していましたが、調べている過程もまた楽しいひと時でした!!

また、ハチャトリアンのトリオ曲(vn烏野慶太さん cl岩平尚子さん)も初めての挑戦でしたが、試行錯誤しながらもこの編成での音楽を楽しんで演奏出来ましたemoji

ラフマニノフのピアノトリオ第1番は、ラフマニノフの音楽を少しでも聴いたことのある方なら、作曲者がわからなくてもラフマニノフだ!とわかる曲だったのでは・・と思いますが、19歳の時の作品でありながら、多種多彩な音色を操る能力がいかんなく発揮されている曲です。
初めてこの曲を聴いた時に、私は一瞬にして虜になってしまいましたemojiemoji

今日の演奏で、「ロシア」がお客様にほんの少しでも伝わってくれたら本当に嬉しいです。

今日のコンサートにあたり、芸術ホールのスタッフの皆様・調律の馬場さん・そして共演者の皆さんには大変お世話になりました。本当に有難うございました<m(__)m>emoji
また、たくさんの皆様からお花や贈り物、メッセージを頂戴いたしました。心よりお礼申し上げますemojiemoji
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Webログ内検索
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
高橋 セリカ
性別:
女性
職業:
ピアニスト
趣味:
ピアノ
カテゴリー
Copyright ©  高橋セリカ Webログ  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]